⑤減らせ突然死 救命・AED機器推進部会

  • ⑤減らせ突然死 救命・AED機器推進部会

⑤減らせ突然死 救命・AED機器推進部会

目的

  • 年間7万人を超える突然死を減らす
  • 突然死の予防活動で、発生リスクを抑え、突然死になる人を減らす
  • AED普及推進(台数と知識)で突然心肺停止者の救命者を増やす

課題

  • 年間7万人を超える突然死が発生している実態が知られていない
  • AED機器の知識(設置場所、使用方法など)が不足している
  • AED機器設置後に、継続した救命講習会やメンテナンスが十分に行われていない

代表者

部会長 岩田和也 オムロンヘルスケア株式会社AED事業部部長
副部会長 本橋勝 ウエルシア薬局株式会社総務本部リスク管理部長

達成内容

  • ドラッグストアを活用した突然死の発生リスクを抑えるための予防提案の推進。
  • 行政、団体、企業と連携し、いつでも誰でも使用できる環境をつくる。
  • 突然心肺停止を発見したら勇気を持ってAEDを使用できる環境をつくる。
  • 産業界一般における連携体制を構築する。

成果物

  • 突然死撲滅及び救命
  • AED機器推進ガイドライン

活動内容・方法

  • 突然死撲滅及び救命・AED機器推進ガイドラインの検討と作成。
  • 突然死のメカニズムを研究し、突然死予防をカテゴリー化してドラッグストア等の売場実現する。
  • 行政及び企業と連携した救命講習会の継続的な実施。
  • AED機器設置及び救命講習受講に関する制度研究。(必要なものは制度化を進める)

部会開催とスケジュール

  • 月1回又は2カ月に1回の打ち合わせ
  • スケジュールは都度部会員へ通知、ホームページには開催報告を掲載

運営方法とルール

  • 議事録作成者及び連絡担当者:植栗雄太
  • 部会にはできる限り参加のこと。代理出席可。途中参加可。

<本部>
〒105-0001東京都港区虎ノ門1-15-10 名和ビル3階
TEL 03-5157-3341 FAX 03-3504-8103
<横浜事務所>
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-10 楓第2ビル4階 (株)日本リテイル研究所内
TEL 045-474-2521 FAX 045-474-2520

日本ヘルスケア協会

Copyright © 日本ヘルスケア協会All Rights Reserved.