①「食と健康」に関する研究会~食品の分類と使い方に関する研究~

  • ①「食と健康」に関する研究会~食品の分類と使い方に関する研究~

①「食と健康」に関する研究会~食品の分類と使い方に関する研究~

目的

健康寿命を延伸させる上で、食の3次機能である生体調節機能について考察し、超高齢者社会における「食と健康」に関する検証を行う。平成28年度からは「食品の分類と使い方」について検証を行う。

課題

現在、食の3次機能に関する情報が氾濫し、医療・薬学関係者等の専門家においても、極めて複雑、難解で、同分野に関与しにくい状況を招いている。そのため一般人も含め、医療関係者が活用できるオーソライズされた食品分類が求められる。

代表者

座長 太田 伸 東京薬科大学 前副学長
副座長 天ケ瀬 晴信 国際栄養食品協会 理事長

達成内容

  • 医薬品集に該当する健康食品集を作成する
  • 健康食品に馴染みのない医療・健康・栄養関係者が共通に活用できる分類を作成する

成果物

  • 食と健康に関する分類表
  • 新しい食と健康に関する分類表を年次大会等で公表し、新しい用途・使い方を探る

活動内容・方法

  • 研究会を開催し、関係団体等とのヒアリングを行う
  • 関係企業等へのインタビューを行う

研究会開催とスケジュール

1~2カ月に1回程度の部会活動、1年ごとに報告書をまとめる

運用方法とルール

議事録作成者は横田敏

<本部>
〒105-0001東京都港区虎ノ門1-15-10 名和ビル3階
TEL 03-5157-3341 FAX 03-3504-8103
<横浜事務所>
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-10 楓第2ビル4階 (株)日本リテイル研究所内
TEL 045-474-2521 FAX 045-474-2520

日本ヘルスケア協会

Copyright © 日本ヘルスケア協会All Rights Reserved.