⑥産業史に見るヘルスケア研究会

  • ⑥産業史に見るヘルスケア研究会

⑥産業史に見るヘルスケア研究会

目的

わが国における産業としてのヘルスケアの勃興・拡大伸長・社会一般の対応等をとりまとめる

課題

JAHI設立前に遡り、当事者からのヒアリングによるオーラルヒストリー
として産業史を残す

代表者

座長 上原 征彦 日本ヘルスケア学会・産業部会会長
副座長 藥袋 貴久 昭和女子大学 グローバルビジネス学部 准教授

達成内容

ヘルスケアに関するJAHI設立前史、厚労省「健康日本21」等を契機とした動向をまとめる

成果物

「産業史」として冊子にまとめるとともに、当事者を招いた講演会等の企画も考える

活動内容・方法

➀関連文献・資料の収集
②委員会における分析・検討
③当事者ヒアリング
④まとめ

研究会開催スケジュール

1か月に1回のペースで研究会を開催、約1年程度で結論を出す

運営方法とルール

  1. 議事録作成者
  2. 連絡担当者等 佐藤聖

<本部>
〒105-0001東京都港区虎ノ門1-15-10 名和ビル3階
TEL 03-5157-3341 FAX 03-3504-8103
<横浜事務所>
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-10 楓第2ビル4階 (株)日本リテイル研究所内
TEL 045-474-2521 FAX 045-474-2520

日本ヘルスケア協会

Copyright © 日本ヘルスケア協会All Rights Reserved.